忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

img017.jpg                                                                 なんかつい最近知ったのですが。Freddie Hubbardが死んじゃったみたいです。
僕はjazzを聴き始めてまだ日が浅く、彼のリーダー作で持っているCDと言えばOpen sesameとHub cap程度の物で(勉強不足ですいません<(_ _)>)
僕 がFreddie Hubbardと聞いてまっさきに思い浮かぶのは今回紹介するEric DolphyのOutward boundです。このアルバム、Dolphyの名演もさることながらCDを聴いているとついついHubbardの歌心溢れる演奏に耳がかたむいてしまいます。
特に2曲目のGreen Dolphin Streetでの演奏は即興とはおもわせないほど完成されたメロディを吹くんです! 当時若干22歳の若造がなんであんな演奏ができるのだろうか?と不思議におもっていました。
このアルバムを聴いた時僕はHubbardと同じ歳ぐらいで、僕もミュージシャンを志す人間として大変なショックをうけた記憶があります。間違いなく彼は天才でした。
そんな偉大な才能を失ってしまって本当に残念です。
僕が生まれるずっと昔から音楽だけに身を捧げた人達が残した数々の記録は、大きな波紋となって人々に大きな感動と衝撃を与え、またなにか新しい事を生み出す人間がでてくるきっかけになるはずです。
僕もその一人でありたいな。  
本当に心からご冥福をお祈りしております。


Eric dolphy/Outward bound

Eric dolphy(as,bcl,fl)
Freddie hubbard(tp)
Jackie byard(p)
George Tucker(b)
Roy Haynes(dr)
 

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
えゔぁ
性別:
男性
趣味:
サイクリング
自己紹介:
jazzや音楽全般について語ろうかと思う今日この頃
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
おすすめのジャズ理論書
その2
live in japan
live in paris
you must believe in spring
stellar regions
myron&the works
double booked
black radio
weather
now VS now
the talk show
フォローする
vv_ocello_vvをフォローしましょう
最新コメント
[04/12 sonmasi]
[01/18 よぶ]
[12/31 nuj-ako]
[12/10 nuj-ako]
[12/02 nuj-ako]
ブログ内検索
最新トラックバック

Copyright © [ カレーとjazzとチャリンコと ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]