忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

img061.jpg
今日は昼間から野川のほうにチャリンコで行ってたんだけど
桜の花びらが舞っててキレイだったなぁ
春は色彩豊かな季節だからいいね
木々たちが個性的に色をだしてるもんだから
ついつい見とれてしまう。

んで、帰りに友達と会い、そのままUnion行って物色していると
なんか気になるアルバムがあったので購入。さっそく紹介したいと思います。
Mark murphy/RahというアルバムなのですがMark murphyといえば
de chassy&yvinec/Songs from the century(前記有り
での男性的でムーディーなヴォーカルでありながら
どこかひょうきんな歌い方が印象的だったが
今日紹介するRahでは
男性的ではあるがムーディーなヴォーカルは影を潜めていて
全体的にひょうきんなヴォーカルが聴かれる。
どこか少年のような初々しさを感じる程だ。

それと、このアルバムはメンバーも大変豪華で
Bill evansWynton kellyさらにはJimmy cobbといった
錚々たる顔ぶれになっているのだが
どうやらトラックごとにメンバーが交代するといったもので
基本的にはそれぞれの演奏に耳を傾けるというよりは
Mark murphyのヴォーカルを聴くアルバムであろう。

それでも2曲目のGreen dolphin streetでは
Evansのピアノを堪能できるし
3曲目のStoppin the clockでのClark terryによる
ミュートトランペットは大変素晴らしい

この、錚々たるメンツにより
普段手が伸びない男性ヴォーカルでも迷わず購入に至れた訳だが
逆にいうとこのメンツでこの演奏?という感じだ
少し惜しい気がするのも確かだ
評価としては★★★。

Mark murphy/Rah  (1961)

Mark murphy(vo)
Ernie Wilkins(arr.cond)
Clark terry(tp)
Blue mitchell(tp)
Joe wilder(tp)
Bernie grow(tp)
Ernie royal(tp)
Jimmy cleveland(tb)
Urbie green(tb)
Melba liston(tb)
Wynton kelly(p)
Bill evans(p)
Barry galbraith(g)
Sam herman(g)
George duvivier(b)
Art daves(b)
Jimmy cobb(dr)
Ray barretto(conga)

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
えゔぁ
性別:
男性
趣味:
サイクリング
自己紹介:
jazzや音楽全般について語ろうかと思う今日この頃
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
おすすめのジャズ理論書
その2
live in japan
live in paris
you must believe in spring
stellar regions
myron&the works
double booked
black radio
weather
now VS now
the talk show
フォローする
vv_ocello_vvをフォローしましょう
最新コメント
[04/12 sonmasi]
[01/18 よぶ]
[12/31 nuj-ako]
[12/10 nuj-ako]
[12/02 nuj-ako]
ブログ内検索
最新トラックバック

Copyright © [ カレーとjazzとチャリンコと ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]