忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

img055.jpg
最近どんよりとした日々が続いていたが
今日はひさびさに晴れた
やっぱ晴れると朝起きた時のテンションからしてちがうね
なんか こう 今日はあれしてこれして
なんつって夢を思い描いたりしてね

最近はヴォーカル物にはまっていてよく買っているんだけど
今日紹介するアルバムもその類のもの
ノルウェー人Roger johansenのWorld of emily
このRoger johansenと言う人はドラムなんだけど
彼によるオリジナルのみで構成されたアルバムで
作曲センスに長けていて聴けば聴くほどに
味のでてくるよいアルバムだとおもう
ヴォーカルはMarit sandvikと言う女性の方で
少し掠れた伸びのある声はまさにジャズヴォーカルと言った感じで
僕の印象ではちょっとカッコ良すぎるかな
褒め言葉のようだけど オシャレというか
胸に届かないんだよな
それでもテクニックは申し分ないけど

このアルバムの注目すべき点はピアノが
なんと、あのHelge lienって所だろう
僕はサイドマンとして参加しているHelge lienを初めて聴いたが
ここでは個性を最小限に押さえて
あくまでヴォーカルを尊重したスタイルの演奏をしている
それでも彼特有のタッチとタイム感でHelge lienだって思わせる所がすごいな
バッキングの時はこうやって弾くんだなぁ とか
いつもとはひと味違ったHelge lienを聴く楽しみもあります
なによりアルバムとしての完成度が高い
曲1つ1つの個性はあまり感じられないが
全編通して聴くと統一性があって
アルバム単位での個性は十分にもっている
最近は以前紹介したGuillaume de chassyのSongs from the last century
と共に愛聴盤です。
★★★★

Roger johansen/World of emily

Marit sandvik(vo)
Atle nymo(ts)
Jon eberson(gt)
Helge lien(p)
Sondre meisfjord(b)
Roger johansen(dr)

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
えゔぁ
性別:
男性
趣味:
サイクリング
自己紹介:
jazzや音楽全般について語ろうかと思う今日この頃
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
おすすめのジャズ理論書
その2
live in japan
live in paris
you must believe in spring
stellar regions
myron&the works
double booked
black radio
weather
now VS now
the talk show
フォローする
vv_ocello_vvをフォローしましょう
最新コメント
[04/12 sonmasi]
[01/18 よぶ]
[12/31 nuj-ako]
[12/10 nuj-ako]
[12/02 nuj-ako]
ブログ内検索
最新トラックバック

Copyright © [ カレーとjazzとチャリンコと ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]