忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

img056.jpg
僕はスキャットが大変好きである。
今日紹介するCDもその類いなんだけど
Sara serpaのPraiaというアルバムで、ゲストにGreg osby
彼の最新アルバム9levelsというアルバムにも参加していた事で
彼女の事は知ってはいたんだけど
Greg osbyの9levelsはハッキリ言って駄作
コンテンポラリー色が強く
あまりにもリスナーの事を考えていない
自己満足的な作り方が、どうも鼻につくアルバムで
解る奴だけわかればいい的なスタイルがどうにも好きになれず
もう 売りのCD行きになってるんだけど
1ついい部分を言えば
もっと、聴かせる事を中心に考えれば
とんでもない名盤になる可能性を秘めてるとおもうんだよね
それだけの才能は十分あるとおもうんだけど

Praiaは9levelsの延長線上にあたるアルバムだとわかっていたので
その可能性にかけて購入してみたが、やっぱり駄作。
このアルバムのメインであるスキャットは全然凄みがなく
予想はしていたが
あまりにも歌詞が付いてない楽曲ばかりで
Sara serpaは歌詞で伝えたい事はないのか、と おもうし
歌詞がないから声の響きが単調になってて
ただ、メロディを発しているだけ
テクニックは十分にあるけども
声を楽器にみたてるなら もっとエモーションが欲しい
ついでにこのアルバムも自己満足的な感じがして
少しインテリ気分に、私たちのやってる事は解らない人には解らないのよ
と 言わんばかりな 大変鼻につくスタイルで
どうもリスナーや自分達のやっている音楽に
ある種のネガティブなイメージとエゴが感じられるだよなぁ
もっと頑張ってくれよー
なにかスゴい事できるぐらいのテクニックは十分にあるんだからさぁ
★★
Sara serpa/Praia

Sara serpa(vo)
Andre matos(gr)
Vardan ovsepian(p)
John lockwood(b)
Nick falk(dr)
Greg osby(as.tracks5.7.8)

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
えゔぁ
性別:
男性
趣味:
サイクリング
自己紹介:
jazzや音楽全般について語ろうかと思う今日この頃
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
おすすめのジャズ理論書
その2
live in japan
live in paris
you must believe in spring
stellar regions
myron&the works
double booked
black radio
weather
now VS now
the talk show
フォローする
vv_ocello_vvをフォローしましょう
最新コメント
[04/12 sonmasi]
[01/18 よぶ]
[12/31 nuj-ako]
[12/10 nuj-ako]
[12/02 nuj-ako]
ブログ内検索
最新トラックバック

Copyright © [ カレーとjazzとチャリンコと ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]