忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

img111.jpg
しばらく更新していなかったので
たまりにたまった良作アルバムを紹介しようとおもいます
そこで、今回は珍しくソウル系のアルバムでも紹介しましょうか
ソウルといってもこれは純粋なソウルではない様におもいますが
なぜかというとこのメンツですね

Myron(vo.gr)
Me'shell Ndegeocello(b)
Robert glasper(ep)
Charles Haynes(dr)

ごらんの通り
女王Me'shell Ndegeocelloの参加もあり
Robert glasperの参加ありですから
ドラムのCharles Haynesというのは初めて耳にしましたが
彼のドラミングかなりナイスです
ジャズ的にスリム&タイトでありながらその上グルーヴィー

このアルバムはどうやらほとんどの楽曲が一発録りらしく
セッションで録られた音源の上にオーバーダブしているという物で
生演奏且つインプロ好きの僕にとっても
大変喜ばしいつくりになっています
Myron自身が言うにはセッションしている間は
演奏している物が自分でもどういう様な音楽になってるのか
わからなかったみたいです
たしかに、ソウルというにはインプロ色強いし
ポリリズムもありでバックのメンバーが超一流なので
実際行われる演奏もかなり高度な内容となっています
Me'shell Ndegeocelloのベーススタイルは
音色こそファンクよりのミドル強めな音なんだけど
マジで末恐ろしくグルーヴィーで鳥肌もののタイム感を持っている
ヴォイシングも印象的な時がかなりあります
僕の親父が言うには、女性は楽器をやるならベースがいいらしいですよ
なぜなら、女性は子宮があるので重低音を男よりも感じられるらしいです
たしかに、納得。
彼女の場合は子宮で重低音を感じてるというより
もはや彼女の音楽自体が子宮です
子宮=宇宙です。
これは2oo1年宇宙の旅の受け売りです。

話がそれましたが話題をもどしましょう

Robert glasperの演奏も目立ってはいないものの
随所でエクスペリメンタルな事やってます
Glasperらしい演奏です
彼は内気なのでしょうか?
この立ち位置はサイドマンの時のBill evansの様です。
続いてMyronですが彼の歌声はすばらしいですね
ソウルと言っても熱唱するタイプではないです
どちらかというと切ない歌い回しでR&Bを感じさせますね
情熱的ではないですが情緒的なたしかな響きを持っていて
聴いていて胸に響く瞬間が感じられます
歌もいいですが、彼のギターもいい味だしてますね

Charles Haynesに関してですが
僕は彼の事を詳しくしらないので大きな事は言えませんが
とにかく巧い
先ほども言いましたがタイトでグルーヴィーです
ハイハットの使い方巧いです。
スター的な要素は感じられませんが
ドラムスとして完璧なまでの仕事をこなしています
かといって無難にはならずに時折平然とポリリズム打ち出します

トータルでみると、たしかに捨て曲もあるかもしれませんが
この4人のヴァイブレーションに刺激される事間違いなしです
★★★★☆

Myron&The works

Myron(vo.gr)
Me'shell Ndegeocello(b)
Robert glasper(ep)
Charles Haynes(dr)


P-vine records(2oo8)


拍手[2回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
えゔぁ
性別:
男性
趣味:
サイクリング
自己紹介:
jazzや音楽全般について語ろうかと思う今日この頃
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
おすすめのジャズ理論書
その2
live in japan
live in paris
you must believe in spring
stellar regions
myron&the works
double booked
black radio
weather
now VS now
the talk show
フォローする
vv_ocello_vvをフォローしましょう
最新コメント
[04/12 sonmasi]
[01/18 よぶ]
[12/31 nuj-ako]
[12/10 nuj-ako]
[12/02 nuj-ako]
ブログ内検索
最新トラックバック

Copyright © [ カレーとjazzとチャリンコと ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]