忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

img030.jpg
いやはや 今日も仕事でした 今日はいつもより暇だったなぁ
毎回食べにくる常連さんがいるんだけど 
その人はいっつもカレーと一緒にサラダをたのむんだが
最近、2週にわたってたのまない
味はもちろん変わってないんだけど 俺の予想だと 不景気?
不景気のあおりうけてんだよ あれは たぶん な!

ちっとまえに給料日だったもんだからCD大量にかっちゃいました
そのなかでも一番僕の心をとらえたのは
今日紹介するBrian bladeのFellowshipというアルバム

僕の記憶のなかではJoshua redmanとやってたのが印象的で 
そんときのアルバムのピアニストはBrad mehldau   
今考えると大変豪華だな
実はその辺のJoshua redmanは未聴なんだけどね
なにせAaron goldbergの大ファンなもんで 
どうしても彼が居る時のJoshua redmanを買ってしまう
まぁそれはさておき
このアルバムは一度聞き終わっても
なんだかよくわかんなくて印象に残りにくいから
もう一度再生ボタンを押すんだけど 
その内に気付いたら5、6回も繰り返して聴いてたりする
この感覚 なんだか覚えがあるな
そうだ! Miles davisのIn a silent wayに似ているな
あのアルバムも印象に残らないんだけど 
気付いたら繰り返し聴いてるというなんだか不思議な現象に陥る
音楽的には全然似てないんだけど この浮遊感はどうも似ているな
Mando guiterって言う楽器とPedal steel guiterって珍しい楽器が入ってて
他にもエレピのWurlzterなんかも入ってる
このアルバムの不思議な浮遊感を作り出すのに一躍かってるように思えます
全体的にマイナー調の楽曲が多いんだけど 
暗くなりすぎずに温度感の低いキレイな演奏という印象。
ですが、静かというワケでもなく 
冒頭のRed river revelなんかはアップテンポの4ビートで大変クールな演奏です。
このアルバムは各個人の演奏を聴くというより
アルバムの持つ雰囲気に愛着を覚えるアルバムだとおもいます
いやぁ〜 いいアルバムに出会いました。^^
★★★★☆
Brian blade/Fellowship

Brian blade(dr)
Jon cowherd(p,wurlizter)
Christopher thomas(b)
Melvin butler(ts,ss)
Myron walden(as)
Jeff parker(acoustic gr )on-5
Dave easley(
pedal steel gr)
Daniel lanois(mando gr,
on-1,white mustang,on-6)

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
えゔぁ
性別:
男性
趣味:
サイクリング
自己紹介:
jazzや音楽全般について語ろうかと思う今日この頃
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
おすすめのジャズ理論書
その2
live in japan
live in paris
you must believe in spring
stellar regions
myron&the works
double booked
black radio
weather
now VS now
the talk show
フォローする
vv_ocello_vvをフォローしましょう
最新コメント
[04/12 sonmasi]
[01/18 よぶ]
[12/31 nuj-ako]
[12/10 nuj-ako]
[12/02 nuj-ako]
ブログ内検索
最新トラックバック

Copyright © [ カレーとjazzとチャリンコと ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]