忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

img084.jpg
先日『チェ 28歳の革命』をみたんだけど
ノンフィクションのためかドラマのある内容ではなく
(あたりまえか)
娯楽作品として観るよりもゲバラがやってのけた事を
勉強すると言った意味で大変面白く拝見させてもらったが
その映画の中で使われる音楽がどことなく
アフロキューバンジャズのようなBGMで
思いついたように中南米のジャズを聴きたいとおもい
何枚か購入してきたのだけど、その中でもとりわけ異色の
Edmar castanedaのEntre cuerdasを紹介しようと思う
何が異色ってEdmar castanedaという方はハープ奏者な訳です
ジャズでハープと言われてもいまいちピンとこないのだけど
いわゆる世間一般的に知られているクラシックハープとはちがい
より、民族的なハープ、アルパと言われる物で
音色はクラシックハープ程高貴な響きではなく
素朴とまでは言わないが民族楽器的な木の温もりを感じる
暖かみのある乾いた音色だ

メンバーリストを見てまず思った事が、ベースがいない
なぁんだベースがいないと言う事は割と優しい感じのアルバムなんだな
とか勝手に勘違いして聴いてみると
1曲目から超高速、超絶技巧のテーマがいきなりスピーカーから
聴こえるではないか これは驚いた
それにどう聴いてもベースの音が入っている
もう僕の頭はちんぷんかんぷん
気になりライナーを読んでみると
どうも彼の使うアルパは特殊な物らしく
低音域にピックアップが設けられていてそれをベースアンプに繋いでいて
中音、高音域にはまた別にマイクが設けられていて
おそらく中音、高音域はマイクでひろっていると言う事なので
限りなく生音に近い音色
(もちろんエフェクターもつかえる)
なんと言えばいいのかな
エレベースアコアルパ?から
だされる音色は今まで聴いた事のない音色でありながら
古典的な民族楽器であるアルパの有機的な響きも感じられ
それでいてあまりにもテクニカルな演奏が成されるので
受け止めるだけで精一杯と言うのが正直な感想だ

さてさて、彼の経歴をライナーから少し
南米コロンビアの首都ボゴダ出身で
7歳の頃からアルパを弾き始めた彼は16歳で家族とともにアメリカに渡る
まもなくジャズと出会いメキメキと力を付け
かの有名なパキートデリベラのバンド、パナメリカーナバンドに抜擢
コレまた有名なカーネギーホールでの演奏を果たす
大変な実力者の彼だが肝心の内容は

まず、1曲目のSabrosonという曲で
彼がどれほど卓越した技術を持っているかがわかるだろう
この曲にはJohn socofieldも参加している

全体的に南米特有の熱さが感じられ音楽自体が生き生きしている
バンドアンサンブルのハーモニーはそれ程洗練されたものではないが
テクニカルな演奏に上手く味わいを加味しているところなど
なるほど、さすがとおもわせる
ただ、個人的な好みとしてはもうすこし空間が欲しかったり
胸にくる様なメロディが欲しかったが
これは、本当に好みの問題で
このとんでもなくハイレベルで超絶技巧派の演奏が好きな方には
違和感なく受け入れられるであろう
2曲だけだがJoe lockeによるヴィブラフォンも
上手く調和をみせていてすばらしい
でも、やっぱりここまでテクニカルだと
なんだかひいちゃう僕がいる
よって
★★★



Edmar castaneda/Entre cuerdas  (2009)  artistshare

Personnel:
Edmar castaneda(Harp)
Marshall gilkes(tb)
Dave silliman(dr.per)

Special guests:
Andrea tierra(vo.tr.7)
John scofield(g.tr.1)
Samuel torres(cajon)
Joe locke(vib)

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
えゔぁ
性別:
男性
趣味:
サイクリング
自己紹介:
jazzや音楽全般について語ろうかと思う今日この頃
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
おすすめのジャズ理論書
その2
live in japan
live in paris
you must believe in spring
stellar regions
myron&the works
double booked
black radio
weather
now VS now
the talk show
フォローする
vv_ocello_vvをフォローしましょう
最新コメント
[04/12 sonmasi]
[01/18 よぶ]
[12/31 nuj-ako]
[12/10 nuj-ako]
[12/02 nuj-ako]
ブログ内検索
最新トラックバック

Copyright © [ カレーとjazzとチャリンコと ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]