忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

img027.jpg
ここんとこ 雨が多かったけど今日はよく晴れていて 
その晴れた様子を店の中からガラスごしにみてた。  いい天気だなぁ 野原いきたいなぁ
サンドウィッチ食べたいなぁ バトミントンしたいなぁ とか考えてたんだけど
最近寝てなかったから 今日は仕事中眠くてしょうがなかった。 


ここいらで僕がやってるバンドについて少し書こうかな
リズムは基本的にステッパーとかワンドロップと言われる4ビートで
ベースはナチュラルマイナーとかドリアンのマイナー系スケールの反復によるもの
その上で僕は、なんちゃってジャズ理論を主体にしたロック的なアプローチをするんだけど 
たまに というか ケッコー ジャンル不定
ほぼ、毎回バンドのメンバーが一人はいない が 初めてきたミュージシャンなんかがいたりする。
初めてその人とセッションする時なんかは ものすごい刺激的で
自分の演奏にも相当な影響がでる。 これは たまらん!
自分に対する演奏面での次の目標としては Bill evansのヴォイシングを取り入れるというもの
ヴォイシングっていうのはピアノでいうと、右手で奏でるメロディに対して
和声的な変化を加えてスウィングさせたり デッドスポットを補ったりするものなんだけど。
これが また難しい! CD聞いたりジャズの参考書を読んだりして勉強してんだけど
まぁ まだ課題は山積みです。 もっとうまくなりたいなぁ
んで、ジャズミュージシャンの中でもBill evansの影響は多大なる物で
今回紹介するCDもその種のEugene maslovのAutumn in new englandです。 
彼の演奏はEvansの演奏に少し丸みをもたせたような印象で
リリカルであり硬質なタッチのEvansに対しmaslovはリリカルで粒建ちのいいタッチであるようにおもう。 逆に言うと主張が足りない感もあるので いいBGMになってしまいそうだが
僕はこのCDを随分長い事聞いているなぁ

緊張感があってその人の人生そのものが音になってる演奏が僕は一番好きだけど
逆にいうと構えて聞かないといけないし 演奏者の感情が直接入ってくるので
体力的にかなり消耗させられる。 
そういった意味でもこのAutumn in new england大変聴きやすく
Evans好きなら間違いなくツボなサウンドだとおもいます。
基本的にはmaslov作による楽曲が多いのだがI love you等のスタンダードもバランスよく配置されていて、特に3曲目のMy bellsは何回も繰り返して聴いたりするほどのお気に入りです。
この曲はEvansの曲なんだけども 実はEvansの演奏よりもこっちのほうが好きだったりする
その他にも2曲目のAll of youとかChick corea作のWindows
タイトルでもあるmaslov作のAutumn in new england等 全11曲
雨の日なんかに聴いたら もう 最高でしょ。
★★★★
Eugene maslov/Autumn in new england

Eugene maslov(p)
Ben street(b)
George schuller(dr)

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» こんばんは
カレー屋さんのFちゃんの友達です

私もJazz好きでピアノとサックスやってます◎

Evans好きなんですね!
Marian McPartlandっていうピアニストが
毎回Jazzミュージシャンと2人でセッションするっていう
ラジオ番組があって、
その録音CDがシリーズででてるんですけどしってますか?
Evansバージョンがすごいいいですよー
とくにIn Your Own Sweet Wayが◎

Marian McPartland's Piano Jazz Radio Broadcast
っていうCDです。
よかったらきいてみてください。

カレー今度食べにいきます。
yuka 2009/01/24(Sat)01:26:31 編集
» こんばんは
カレー屋さんのFちゃんの友達です

私もJazz好きでピアノとサックスやってます◎

Evans好きなんですね!
Marian McPartlandっていうピアニストが
毎回Jazzミュージシャンと2人でセッションするっていう
ラジオ番組があって、
その録音CDがシリーズででてるんですけどしってますか?
Evansバージョンがすごいいいですよー
とくにIn Your Own Sweet Wayが◎

Marian McPartland's Piano Jazz Radio Broadcast
っていうCDです。
よかったらきいてみてください。

カレー今度食べにいきます。
yuka 2009/01/24(Sat)17:51:36 編集
» はじめまして!
Fちゃん Fちゃん.... あぁ! わかった!
へぇ〜 なんか前にjazz好きな友達の話をしてたっけ
yukaさんの事ですな。
私 jazzに関してまだまだ勉強不足であります
Marian McPartlandと言う方は存じませんでした
でも In Your Own Sweet Wayは大好きな曲なので
是非聴いてみたいです。


ブログみていただいてありがたやです
なんかあったらコメントしてくださいねぇ〜
是非、今度カレー食べにきてくださいね^^
2009/01/24 18:25
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
えゔぁ
性別:
男性
趣味:
サイクリング
自己紹介:
jazzや音楽全般について語ろうかと思う今日この頃
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
おすすめのジャズ理論書
その2
live in japan
live in paris
you must believe in spring
stellar regions
myron&the works
double booked
black radio
weather
now VS now
the talk show
フォローする
vv_ocello_vvをフォローしましょう
最新コメント
[04/12 sonmasi]
[01/18 よぶ]
[12/31 nuj-ako]
[12/10 nuj-ako]
[12/02 nuj-ako]
ブログ内検索
最新トラックバック

Copyright © [ カレーとjazzとチャリンコと ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]