忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

img081.jpg
ここんとこ忙しすぎて更新もままならない状況が続いていましたが
今、ようやく家に着いて一息ついている所です
さてさて、CDは購入しているのですが
更新が間に合わずどんどんたまっていく一方でなにから取り上げようか
迷っているのですが、丁度、今かかってるCDでも。
スウェーデン出身のシンガーソングライターLisa ekdahlの
『Give me that slow knowing smile』というアルバムで
僕は家に居るほとんどの時間はジャズを聴いているんだけど
ジャズの音域の広さと音の数の多さにたまに疲れてしまう事があって
よりシンプルな音楽を聴きたくなる時があるので
そんな時には本作なんかをよく聴いている。
いわば箸休め的な存在のアルバムなのだ

Lisa ekdahlは日本での知名度はそれほど高くないが
その、美しい容姿と、まるで子供が歌ってるかの様な
線の細いシルキーな歌声は聴いていて心が和むし なんというか....萌え?

スウェーデンでは人気実力共に高いようで
94年にはグラミー賞にも輝いている程だ
肝心の内容だが全体的にゆったりとしたメランコリックなポップスが多く
まるで一本の映画を見ている様な
はたまたシネマミュージックを聴いているようだ
Lisa本人も本作に対しこんな言葉を述べている
『情緒的で刺激がある、官能的なシネマのよう、シンプルだけど神秘的...
そんなアルバムをつくりたかったの』
この言葉通りの作品とは言えないが
情緒的でシンプルなシネマというのには共感がもてる。
全曲が彼女自身による作詞作曲というのも評価すべき点で
才能豊かなLisa ekdahlちゃんをどうぞよろしく。
★★★★






本盤の中からOne lifeという曲とアルバムタイトルでもある
Give me that slow knowing smileという曲。

Lisa ekdahl/Give me that slow knowing smile
(2009)

Lisa ekdahl(vo.whistling)
Mathias blomdahl(gr.b.p.harmonica.castanet.bozouki.whistling.
dr.vo.banjo.per)
Tomas hallonsten(hammond organ.tp.accordion.vintage synthesizers)
Andreas nordell(vo)
Tobias fronberg(vo)
Fredrik dahi(dr.tr 2,3,7)

Norpan(dr on solo tr 1)
Magnus lindgren(fl)
Karen brunon(violins)

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
えゔぁ
性別:
男性
趣味:
サイクリング
自己紹介:
jazzや音楽全般について語ろうかと思う今日この頃
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
おすすめのジャズ理論書
その2
live in japan
live in paris
you must believe in spring
stellar regions
myron&the works
double booked
black radio
weather
now VS now
the talk show
フォローする
vv_ocello_vvをフォローしましょう
最新コメント
[04/12 sonmasi]
[01/18 よぶ]
[12/31 nuj-ako]
[12/10 nuj-ako]
[12/02 nuj-ako]
ブログ内検索
最新トラックバック

Copyright © [ カレーとjazzとチャリンコと ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]