忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

img089.jpg
少し前に新譜コーナーに置かれていて
なんだかどうも気になっていたアルバムを
たまたま中古でみつけたので購入したが
これが思った以上の好盤で
うれしくて繰り返し聴いているんだけど
内容はわからないにしても、なんとなく惹かれるアルバム等は
おもいきってそのインスピレーションを信じて
購入するべきだとつくづく思う
もちろんハズレにも遭遇するんだけど
未だ観ぬ名盤との出会いに期待を寄せてしまうのが
音楽好きの性であろう

今回紹介するアルバムは
タイトル通り全編に渡ってナイスヴァイブレーションである
一見ノリのいいグルーヴィーな演奏を想像するが
アップテンポの曲もあるものの
全体的に静かな仕上がりのアルバムとなっていて
なるほど こういった意味でのナイスヴァイブレーションね
と、納得させられた

特にアルバムタイトルにもなってる
ナイスヴァイブレーションという曲は
Michael sallingのすばらしいヴァイブレーションが感じとれる
丁度、久しぶりに会った友達とソファーにでも座り
お酒でも飲みながら人生について語り合う
はたまた自分にとって一番大切な人との
当たり前でありながら幸せの一瞬を感じさせるような
普段の生活の中での小さくはあるものの確かな幸せを感じさせてくれる

あと個人的にお気に入りの曲は6曲目のShamanan
ピアノのペダルの音から静寂が訪れ
静かながらにパーカッションとピアノとベースが語り合いながら
次第に調和を見せてくるモード調の曲
この曲のテーマのメロディとリリカルな響きでありながらも
決して内相的にならずに静かに燃える青い炎のような内面を垣間見せる
そんな演奏がなんともいえない心地よさを感じさせてくれる
素晴らしい曲だ

この他の曲も大変すばらしいものばかりで
どんなときでも聴ける絶妙な温度感は
まさにナイスバイブレーション!
★★★★☆

ここで4曲ほど視聴できるので是非

www.myspace.com/michaelsalling

Michael salling trio/Nice vibrations(2009) calibrated

Michael salling(p)
Richard andersson(b)
Chano olskær(dr.per)

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
えゔぁ
性別:
男性
趣味:
サイクリング
自己紹介:
jazzや音楽全般について語ろうかと思う今日この頃
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
おすすめのジャズ理論書
その2
live in japan
live in paris
you must believe in spring
stellar regions
myron&the works
double booked
black radio
weather
now VS now
the talk show
フォローする
vv_ocello_vvをフォローしましょう
最新コメント
[04/12 sonmasi]
[01/18 よぶ]
[12/31 nuj-ako]
[12/10 nuj-ako]
[12/02 nuj-ako]
ブログ内検索
最新トラックバック

Copyright © [ カレーとjazzとチャリンコと ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]