忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

img034.jpg
なぁ〜んかVibraphone物を紹介しようと思って考えてたんだけど
まっさきに思い浮かんだのが
今日紹介するWalt dickersonのTo my queenというアルバムです。
Dickersonの最高傑作と言われるアルバムで
ジャケットは彼の奥さんらしく 
どうやらこのアルバムは彼女に捧げられた物みたい
To my queenってのは奥さんの事だろう
さぞかし奥さんは感激だったであろう
はたまた驚いたかもしれないね
なぜかって言うと 
アルバムタイトルのTo my queenなんかは決して明るい曲じゃないしね
いったいどういう想いがあってできた曲なのかはわからないが
このアルバムは相当いいね
まず タイトル曲のTo my queenは一曲17分もあるんだけど
Coltraneのように延々とインプロヴィゼーションを繰り広げるのではなく
最初はDickersonとGeorge tuckerとのデュオから始まり
そしてぜんいんが静かに演奏をはじめ
Andrew cyrilleのティンパニー?でDickersonのソロに入る所は何回聴いても鳥肌がたつ
DickersonのVibは金属の冷たい感触が伝わってくるような
弾きすぎずに空間を意識した演奏で
Vibraphone特有の音色を存分に堪能できる
ピアノのAndrew hillもここでの演奏は少しばかりフリーフォームであるものの
リリカルな一面も感じられる大変美しい演奏だ

発表されたのが62年なんだけど
個々のインプロヴィゼーションに重点を置いた演奏とは違い
アンサンブルやメンバー達の対話に重点を置いた演奏は
当時にしては相当に斬新なアルバムだったのではなかろうか
このアルバムでしか聴けない貴重な体験がここにはある。
★★★★★
Walt dickerson/To my queen

Walt dickerson(vib)
Andrew hill(p)
George tucker(b)
Andrew cyrille(dr)

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
えゔぁ
性別:
男性
趣味:
サイクリング
自己紹介:
jazzや音楽全般について語ろうかと思う今日この頃
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
おすすめのジャズ理論書
その2
live in japan
live in paris
you must believe in spring
stellar regions
myron&the works
double booked
black radio
weather
now VS now
the talk show
フォローする
vv_ocello_vvをフォローしましょう
最新コメント
[04/12 sonmasi]
[01/18 よぶ]
[12/31 nuj-ako]
[12/10 nuj-ako]
[12/02 nuj-ako]
ブログ内検索
最新トラックバック

Copyright © [ カレーとjazzとチャリンコと ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]